TOP>出会い系サイト解剖
8月22日(木)
手口が多様化するサクラサイト商法

安心の優良サイトはこちら

「サクラ」を利用して言葉巧みに出会い系サイトなどへ誘導し
高額な利用料金を請求するサクラサイト商法
芸能人などをかたる「なりすまし型」のほか
資産家を名乗って援助を申し出、
「手続き」と称してメールでのやり取りを引き延ばす
「資金援助型」など手法は多様化している

約2千万円をだまし取られた福岡県の男性(54)のケースでは
子供の大学進学で家計が苦しい
仕事のストレスがあり、単身赴任中
など、切羽詰まった感じの生活だったらしく
ウマイ話を信じてしまったようです
単身赴任で奥さんの目を気にすることがないのも
サイト利用を加速させたのかもしれませんね

「資金援助させてほしい」といったメールがあり
誘導されたサイトでやり取りをはじめ
一往復600円のメールを何度も交換したそうです
結局、お金が貰えるわけも会えるわけもなく
「銀行頭取夫人」とか「年商100億の女」とか
サクラの定番なのですが
「1件でも本物なら、損はすべてチャラになる」
そう思ってサイトの利用を続け、
約1年で利用料金は1千万円まで膨らんだそうです

相手業者を告訴し、勝訴したものの
上告されているとかで、決着はまだついてません
また、この男性とは別件で
「サクラ」を使い、出会い系サイトなどの利用料金をだまし取られたなどとして、
東京都や神奈川県に住む20〜70代の男女9人が20日
詐欺罪で、サイトを運営する14業者に対する告訴状を警視庁に提出しています
ニュースソースはMSN産経ニュースより

サクラサイト商法に限ったことではありません
絶対にウマイ話は無いのだと思わなくては
お金を増やすどころか、大きな損失が待っています
お金は自分の手で稼ぐもの
知らない誰かが善意でくれるものではありません

関連記事
サクラ出会い系サイトを各地で一斉提訴
出会い系サイトで2千万円払った男性が逆転勝訴
芸能人なりすまし出会い系サイト、9人逮捕
サクラの手口と騙し方

詐欺やサクラの心配一切なし
ワクワクメールへGO/説明書

サイトマップ
(c)悪質出会い系サイトの罠