【チャットレディ】タスクでコツコツ疲れていませんか?【在宅高収入】

【チャットレディ】タスクでコツコツ疲れていませんか?【在宅高収入】

在宅ワークは子供さんをお持ちの主婦の方に人気の仕事ですが、こんな方も結構多いのではないでしょうか
「クラウドソーシングでコツコツとタスクやってるけど、疲れるなあ・・・」
「人間関係が嫌で仕事辞めちゃったけど、次が見つからなくて焦る・・・どうしよう」

生活がかかっているし切実な悩みですが、在宅で継続的に稼げる仕事はそうそうありません
クラウドソーシングも仕事探しには確かに便利なんですが、仕事の種類が豊富過ぎて私なんて逆に面食らう程
「わかり易いタスク系でいっか」になっちゃうんですよねー、それじゃダメなんだろうけど

在宅で仕事をしたい、ちょっとした空き時間を利用出来ないだろうかと考える方は多いと思います
そんな方にピッタリなのがチャットレディというお仕事です

「えーチャットレディ?」と思った方はチャットレディが何をするのか、おそらく知っているし、イメージが良くないのだと推測
「顔を出す」「脱ぐ」といったイメージがあるのかな?
顔を出す必要もなく、脱ぐ必要もなく、ノンアダルト系のチャットもありますよ

チャットレディとは

ライブチャットで働く女性のことを「チャットレディ」と呼びます
他には「パフォーマー」といった呼び方もありますが、当サイトでは「チャットレディ」で統一しています

携帯電話や固定電話には互いの顔を見ながら話せる機能がありますよね
そんな感じで、カメラで映像を映しながら男性とチャットしてコミュニケーションするお仕事です

画面越しのコミュニケーションですから、男性と直接会う事はありません、当たり前だけど男性から触られることもありません
他にはノルマがない、キャバクラのようにお酒を飲む必要がないといった安心もあります

自分のライフスタイルに合わせて仕事ができることから、ダブルワークのひとつにする女性も多いです
求人誌をめくると、よくある「34歳まで」といった年齢制限もなく、アラフォー女性も沢山いますヨ
また、基本的には誰でも登録できます
そして最大の魅力は、時給に換算すると大体3000~5000円という、報酬としては非常に高額であること

「安心で安全な稼げる在宅ワーク」としてチャットレディを始める方が増えています

チャットレディサイトとしても、チャットレディが定着してくれなければ商売にならないのと、今はネットのクチコミがありますからね
いやな相手を拒否する機能、画像の削除申請受付け、相談する窓口の充実させたりと、以前よりかなり安心して利用できるようになったといえます
ユーザーファーストなんて正直当たり前でしょ?
チャットレディに対して気を配るサイトや会社を、私は「チャットレディファースト」と呼んでいます

働き方の選択

チャットレディの働き方の選択として、在宅チャットレディと通勤チャットレディがあります
それぞれの事情がありますから、働く場所を選べるのは有り難いことですよね
ネット環境の普及や待機児童問題などもあり、在宅型でのチャットレディを選ぶ女性が増えたのは言うまでもありません

在宅チャットレディ
在宅のメリット
自宅で働くことができるので子育て中の主婦に大人気で、在宅で働きたい人にはチャットレディはピッタリ、しかも働く時間は自由です
何しろライブチャットサイトは24時間いつでも接続できますから、1時間でも空いた時間があれば仕事の時間にできちゃいます

しかも経費らしい経費が殆どかからないし、何より退職理由のNo.1ででもある職場の人間関係を気にする必要がない
ストレスは少しでも少ない方が、仕事に集中できます
私自身職場でイジメに遇い、身体を壊した経験があります
その時は軽い鬱状態だとも・・・

報酬に関しても在宅勤務なら、チャットレディへの報酬率は40%~50%が相場で、通勤に比べかなり高くなっています

在宅なら工夫は必要
ただ、ライブチャット運営会社と直接契約し、在宅でチャットレディをする方が自由度が圧倒的に高いのは言うまでもありません
その反面、自宅の場合は部屋を片付けなくてはなりませんし、男性から見て可愛いとか綺麗な部屋、でもちょっとだけ生活感も漂うリアルさも必要

また、自宅でチャット配信中に、個人や場所を特定出来る何かが映り込んでしまうということが全くないとは言えません
外の景色などはカメラに入れないように気を配りましょう
ほんのわずかなヒントから場所を特定してしまう人が実際にいるので、鏡や窓ガラスに映った景色にも注意が必要です

特定系でもうひとつ気を付け欲しいのは、スマホです
スマホからのチャットが出来るライブチャットが増えたというのもありますが、スマホでチャットしていたら、カメラアプリのGPS機能で居場所を特定されたなんてこともありますからご用心

スマホやで撮影した写真には、画像データの他にも色々な情報が埋め込まれています
いつ、どこで、何のカメラで、どういう設定で撮影したかや、緯度・経度・標高・方角、等の位置情報などです
スマホカメラの位置情報はOFFにするのを忘れないでください
(これはチャットだけの話ではなく、SNSにあなたが撮影した画像をアップする時も同じです)

自宅でリラックスして出来る分、仕事であることの自覚を忘れないようにすることが肝心です
待機画面で電話をする、メイクをする、煙草を吸うといった行動は控え、そういったことはカメラのない場所で
男性から(女性の私でもですが)見ればドン引き、良いお客さんやリピーターを逃すだけです

通勤チャットレディ
通勤のメリット
通勤でチャットレディをするなら、プロダクション(代理店・事務所などとも呼ばれます、以下プロダクションと書きます)との契約が殆どだと思います
ライブチャット環境を契約したプロダクションが用意してくれますし、コスチュームの無料レンタルなどもあります

チャットルームは、一人一部屋設けられ、パソコンやWEBカメラなど必要なものは設置されています
遅い時間帯に働く女性のも多いので、シャワー完備で寝泊まりできたりと女性が過ごしやすい工夫をしている所も多いです

通勤で注意すること
チャットルームに通勤する場合は、少なくともチャットルームを利用する時間を決めなければなりませんから、事前に組んだスケジュール、シフト通りに出勤となります
また、プロダクションは10%~20%の手数料(マージン)を引いた金額をチャットレディの報酬として支払っているので、報酬率30%位と在宅に比べるとかなり低くなります

プロダクションが用意した部屋や、全体的にも清潔感がなかったり、「こんな所で働くの?」と引くような粗末な部屋だったりだと、働く側のモチベーションも下がります
そんなプロダクションだと、女性に給料なども正しく支払われているかさえ疑問になってきます
引くような粗末な部屋しかない、女の子ファーストでない所は勇気を出して断ることも大切

中には「演技指導」などにかこつけて、スタッフがセクハラ行為に及ぶなんていうあり得ない所もあります
報酬や条件の良さだけに目を奪われないよう注意しましょう

自宅で働く場合のように、個人や場所を特定出来る何かが映り込んでしまうという心配はゼロだけど、チャットルームの住所は求人情報などで公開されています
万が一、ストーカー被害に遇うようなことがあったら、すぐに警察へ相談するなどの対処をしましょう

チャットレディの契約

チャットレディの登録形態は大きく分けて2パターンあります
ライブチャット運営会社と直接契約する
ライブチャットと提携しているプロダクション(代理店・事務所などとも呼ばれます、以下プロダクションと書きます)と契約する

運営会社と直接契約
ライブチャット運営会社と直接契約するというのは、自分でライブチャット運営会社のチャットレディ募集ページにアクセスして個人的に契約する方法です
個人で直接契約するメリットは、必要機材さえあれば直ぐに仕事を始められること
三者の介入がないので、報酬は全て自分に入ってくることなどでしょうか

個人で直接契約する場合は、主に在宅でパソコンかスマホを使って働く場合が殆どです
特に近年勢いのあるスマホ専用系ライブチャットは直接契約のようですね
第三者の介入がないことや、パソコンかスマホとWi-Fi環境さえあれば、チャットルームに通勤しなくて良いのが人気の理由です

プロダクションと契約
もう1つの契約形態は、プロダクションとの契約
報酬はプロダクションを挟むことで、プロダクションの手数料(マージン)が引かれる分、直接契約より報酬が低くなります
プロダクションは10%~20%の手数料(マージン)を引いた金額をチャットレディの報酬として支払っているので、報酬率30%位が相場です

直接契約の在宅勤務なら、チャットレディへの報酬率は40%~50%が相場ですので、何らかの事情がない限り、在宅勤務ならプロダクション契約より直接契約の方が圧倒的に有利です

契約や登録する際の注意事項
専属契約には注意
ライブチャットの中にはライブチャットサイトの専属契約というものがあります
専属契約だと報酬率が高いとハッキリ書かれているため、待遇が良いに越したことはないので、つい専属契約を選んでしまいそうになります
初心者がいきなり専属契約をしてしまうと、他のライブチャットに一切出演できなくなってしまうため、結果が出せない可能性があります

結果が出なければ当然報酬に繋がりませんから、何のためにチャットレディの応募をしたんだろうとなってしまいます
もし初心者で専属契約を考えているなら、複数のライブチャットサイトを試してからでも遅くないし、チャットレディの経験をある程度積んでからの方がチャットレディを続けていくためにもプラスになります

悪徳業者への注意
「あなたが継続的に安定して高い収入を得る」=「プロダクションが稼げる」ことに直結するのに、初心者へ何のアドバイスもしない終わってる会社やプロダクション
誇大広告でチャットレディの募集をかける、売上ノルマや出勤日ノルマを設定している、契約の解消を受理してくれない悪質プロダクションとしか言いようのない所さえあります

「チャットは募集が終了してしまい別の仕事なら空きがある」「チャットの面接に行ったらデリヘルを勧められた」など、チャット以外の仕事を持ち掛ける事務所があります
「チャットレディ募集」は釣りで最初から風俗で働かせる意図の悪徳業者もいます

チャットレに応募する前に「本当にチャットレディのお仕事ですか?」と一言聞いてみてください
「うちを疑うんですか?」みたいに、相手が不快感を示すようなら応募はやめましょう
スタッフの教育が出来ていないし、結局図星だからそう答えているのです

便利なネット検索ができるのですから、会社やプロダクションに登録する前に、女性の扱いやスタッフの扱いなどのクチコミなどを見てください
「プロダクション名」だけではなく「プロダクション名 クチコミ」「プロダクション名 クチコミ 評判」など、必ず複合ワードで検索しましょう
中々検索結果に出ない時は、プロダクションのHPのドメインや電話番号も検索ワードにくわえましょう

それでも全然出てこなかったり、あなた自身で判断できないなら「登録しない」「契約しない」これに尽きます

ジャンルと報酬比較

ライブチャットにはいくつかジャンルがあり、ジャンルによって報酬が違います
どんなジャンルがあり、報酬にはどの程度の差があるのか比較しています

ジャンル

ジャンルはいくつかありますから、自分に合うライブチャットサイトを探しましょう
同じジャンルでも運営元が違うとライブチャットサイトの特徴も違ってもきます
登録したサイトがしっくりこないようなら、別のライブチャットサイトを試してみましょう

ノンアダルト
言葉の通り、アダルトのサービスありません
エッチな言葉を使った会話や、映像の向こうで女性が性的な行為をする必要もなく、「女性と話したいという男性が利用」する場所です
男性によって会話の内容は異なりますが、現実の女性と面と向かって話すことが苦手だったり、中々女性と話す機会がないといった理由が多いでしょうね

男性の話や考え方に共感し、否定しないといったことが会話のコツです
くだらない話でも笑顔で聞いてくれるあなたの存在と楽しい会話に満足できれば、リピーターになってくれる確率も高くのではないでしょうか

ただ、男性から会話を振ってくれない場合は、あなたから会話を提供し、盛り上げることが必要になりますので、そこに難しさを感じるかもしれません
また、ライブチャットはどれもアダルトOKだと思い込んでいて、規約等にもロクに目を通さず利用する男性が結構います
アダルトな要求をされたら、遠慮せずにしっかりと断りましょう

アダルト
アダルトライブチャットは実際にチャットサイトにアクセスしてみると、何をするのか直ぐに理解出来ます

ここは「エンジェルライブ」ですが、顔出し・下着姿の女性の画像がズラリと並んでいるでしょ?

アダルトジャンルは、言ってみれば「女優になりきる」ことが出来る女性に向いています
男性会員に協力してもらいながら、自分なりの演出をしムードを盛り上げていくと、2ショットだけでなく、人数が増える程報酬に繋がるパーティチャットに男性会員を呼び込めます
本当に稼ぎたいなら、アダルトジャンルにトライです

ミックスライブチャット
これはノンアダルトとアダルトのライブチャットの両方を扱っているサイトです
働く前に自分の適性に合ったところを選び、どちらか迷っている人はミックスライブチャットで決めていってみてはいかかでしょう

人妻・熟女・マダム系
「男性はどうせ若い子が好きなんでしょ?」なんて、諦めていませんか?
アラサー、アラフォー女性向きで、落ち着いた女性とチャットを楽しみたい男性や、人妻とのチャットでちょっとした背徳感を味わいたい男性は、実は多いものなんです

アダルト業界で「人妻ジャンル」がなくならないというより不滅のジャンルであり続けるのも、その辺りが理由です
実際にライブチャットを覗いてみるとアラフォー女性なんてザラで、私自身もちょっと驚いたほどです

萌え系ライブチャット
上でも引き合いに出したエンジェルライブです

二次元好きの男性の為に、なんと「萌え系ライブチャット」があり、画面に登場するのは色んなタイプの女の子の画像です
女性は「声の出演」をします

顔出しやアダルト演出が難しい女性は、ノンアダルト以外にも萌え系ライブチャットでの声優をを考えてみてください
意外と楽しいかも知れませんヨ

ジャンルによる報酬比較

では、あなたが一番気になってるであろう、ジャンルによる報酬の違いを比べてみましょう
これはパーティチャットの報酬で、萌え系含めエンジェルライブ、ライブでゴーゴー、チャットピアを参考に表にしています
萌え系は声の出演しかないからさすがに低いですが、他は10円程度の違いしかありません
その10円程度の違いをどう受け取るかは人によって違うでしょう
分給、時給、そこにパーティチャットの参加人数を10人で比べてみます

ジャンル 分給 時給 時給×10人
アダルト 60円 3600円 36000円
萌え系 28円 1680円 16800円
ノンアダ 40円 2400円 24000円
マダム系 50円 3000円 30000円

パーティチャットの場合だと10円しか違わなくても、時間や参加人数が増えると差が広がっていくのがわかりますね

本当に稼げる在宅ワークなのか

チャットレディはよく「本当に稼げる在宅ワーク」などといった触れ込みが多いのですが、あなたはどう思いますか?
「本当に稼げる在宅ワーク」事実であり、事実でない
当たり前のように使われている「稼げる」というこの言葉自体、実際にはとても曖昧な表現です
何を基準に稼げるとするのか、どの位なら稼げると感じるのかなど、人の感じ方や対象の業種でその計り方は違います

チャットレディの場合だと、選ぶジャンルや働ける時間、時間帯など様々な要素から報酬に違いがあります
「ノンアダルトでも十分稼げます」「スマホからでもOK」といった謳い文句はよくありますし
「100万円稼ぐ人、50万円前後稼ぐ人なんてザラにいます」といった煽りに近いような言葉も出てきます

これもやはり事実であり、事実でないのです
実際に稼いでいる人が沢山いるのは事実、でも思うように稼げなくて直ぐに辞めちゃう人が多いのも事実です

稼げる理由

在宅ワークでチャットレディは何故「稼げる」と言われるのでしょうか
そこには報酬率の高さと稼げる為の仕組みがあります

報酬率の高さ
報酬率とはチャットレディの取り分のことです
一般的にチャットで売り上げた金額は、サイト・プロダクション・女性、もしくは、サイト・女性で分け合います

報酬率は同じジャンルなら、どのライブチャットでも大体同じ位のようです
在宅報酬はユーザーが消費した金額の報酬率50%、通勤報酬は約報酬率30%、この辺りが相場です

また各サイトには新人期間があり、登録したばかりだと新人扱いで、在宅勤務でも報酬率が10%程低い状態からのスタートです
そのかわり新人期間は例えば初心者マークがついて目立つことや、男性会員からも新人さんはやはり人気があるので、報酬率が低い状態をカバー出来ます

報酬は「分単位」になっていて、1分ごとに発生する仕組みです
チャットレディの募集要項などに、わかりやすく時間換算でも掲載しありますが、あくまでそれは参考です
報酬決定に分単位で換算されると、時間換算より少なく感じてしまうことがあるかもしれませんので、それは覚えておいてください

そしてこの報酬の高さ自体を維持出来るのは、高い利用料金を払ってくれる男性会員がいるからこそだとも言えます
例えば、エンジェルライブのパーティチャットは「1分150pts 1pts10円」です
たった10分間で1500円も消費してしまうんですヨ
男性会員がいてこそだというのは、頭の片隅に置いておいてあげてください

稼げる仕組み
チャットには2ショットチャットとパーティチャットがあります
パーティチャットは参加した会員の人数分が加算されますので、参加する人数が増える程報酬が多くなります

例えば、分給75円で10人がパーティチャット参加、1時間続きました
そうなると、75円/分×10人で 750円
1時間だとその60倍で 4,500円/時×10人= 4,5000円 となります

たったの1時間で45000円、半分の30分でも2250円です
こんなに高い時給の仕事は中々無いでしょ?

いかがでしょう、イメージ出来てきましたでしょうか
もちろん、パーティチャット以外にも男性会員があなたの動画を見ると報酬にプラスされたり、中には私物を男性会員に売るなんてことが出来たり
男性会員を集めるためのイベントを頻繫に開催したりと、ライブチャットを運営する側も女性が稼げる工夫をしてくれています

おすすめライブチャット

チャットレディはもう飽和状態だから、今更始めても稼げるわけがないと考える人がいます
いつも沢山の女の子がいるように見えるから飽和しているように感じるのだと思いますヨ

チャットレディって、1ヶ月以内に辞めちゃう人が結構多いんです
そこはアフィリエイトも同じなんだけどね
稼げているのにもかかわらずチャットレディを辞める理由はこんな感じです

  • ・年齢的にいつまでも出来る仕事じゃない
  • ・歩合制なので収入が一定でない
  • ・身バレの不安が拭えない
  • ・家族や彼氏にバレて強制終了した
  • ・目標額を達成した

直ぐに辞めてしまう一番の理由は「思った程稼げない」だと推測します
「稼げる仕事」といった「良い情報をインプットしただけ」だとそうなりやすいでしょう
本当に稼ぐためのノウハウを知り、実践しなければ、新人期間を過ぎると苦労することになりかねません

「稼げる仕事」の前に「仕事」であること、しかも在宅でこれ程良い報酬・良い条件の仕事はありません
そこを理解しないと「凄く稼げるって話だったのに・・・」となってしまいます
稼ぐためのノウハウや、チャットレディならではのよくある悩み等はこちらからどうぞ

そんな稼ぐためのノウハウ、チャットレディならではの悩みへの回答等をみんなで共有しているのがこちらのライブチャットです
ユーザーファーストはもちろん、チャットレディファーストです
どんなライブチャットなのか、報酬はどの位なのか等の情報をまとめていますので、いきなりチャットレディに登録するのが不安なら、まとめをまず読んでみてください