芸能人を騙るサクラ

悪質・悪徳な出会い系サイトに、サクラがいるのはいつものことです
芸能人を装うサクラはもう定番と言えるのですが
かなり巧妙で、成り済ます芸能人について徹底調査するといったサクラのプロがいます

出会い系に芸能人なんているわけないじゃん!
そう判断出来るなら正常
しかしその正常な判断さえ次第に出来なくなる程、巧妙なメールが送られて来ます

正確な情報
本人であることを証明するのは非常に困難ですよね?
メールは文字だけだから、尚更困難
でもその文字だけの世界だからこそ、成り済ますことが出来るのです
どんなに不細工だろうと、キモい奴だろうと出来ます

本人かどうかを判断する材料のひとつは情報
趣味から家族構成まで、何を質問しても答えられる
そして、芸能活動の把握
コアなファン位しか知らない、知るのが難しい情報をも知っていることも
絶対嘘!を次第に半信半疑に変えてしまうのです

同情を誘う
芸能人の成り済ましに共通しているのが「悩みがあるけど、相談する相手がいない」
本人に似せた語り口で、孤独な自分を演出し、人が持つ優しさに付け込んで来ます
煌びやかな世界で働く反面ストレスも多いだろうと、誰でも想像は出来ます
逆にあまりよく解らない悩みを相談しても、応える側は困りますから

次第に「こんな事話せるのは君しかいないんだ」自分にとって、心を曝け出せるのは君しかいない
と、いかにも1対1、二人だけの世界を演出していきます
疑われれば拗ねてみせたり甘い言葉を囁いたり、そこは上手く切り抜けていきます

もう終わりなの?
それでも、やっぱり本人のはずがない
もうメールを止めようとする相手に「俺達もう終わりなの?」「俺を見捨てるの?」とすがろうとします
もう終わりって、まだ何も始まって無いんですが…
捨てられた仔犬のような可哀相な自分、わかってもらえない自分を演出し嘆いてみせるのです
「こんなに解り合えてたのに何故?」と、まるでドラマの台詞のように

女性の方がハマリやすい
男性よりも女性の方が、出会い系サイトにハマリやすいそうです
正確には、出会い系サイトのサクラにですね
そしてサクラは女性の心理を操り、飴と鞭で巧みにメールを続けさせます
そして女性が我に返った時には、既に相当な金額をサイトに注ぎ込んでしまっているのです

生息地
女性会員も有料な出会い系サイト
「ここで○○君とメール出来たよ!」などと、宣伝していたり、懸賞などから同時登録されるタイプは特に多いです
出会い系サイトに登録した覚えがなくても、興味を引くような内容のメールならつい読んでしまう
その辺の心理を巧みに利用しているわけです

見破り方
中にはどうすれば偽物って見破ることが出来るのか知りたい方もいるかもしれませんが
そもそも出会い系サイトに芸能人はいないのですから、見破るも何もありません
「相手にしない」ただそれだけです
女性が有料の出会い系にはサクラしかいません
そして、その様なサイトは料金も高く悪質ですから、利用自体止めてしまいましょう
優良サイトでは、女性なら完全無料で利用出来ます