悪質出会い系サイトの罠
悪質出会い系サイトの罠

悪質出会い系サイトの罠

サクラ商法詐欺対策

サイト内検索のコツ

[PR]安心安全の優良サイト
厳選の使える3サイトはこちら

サクラサイト商法

出会い系サイトでサクラを使う行為は、利用者から不当に金銭を搾取するとして「サクラサイト商法」と呼ばれ
詐欺商法のひとつとして認定されたようです

そもそも出会い系サイト自体に適正な料金が存在しないに等しく、メール1通送信するだけで、500円とか
個人情報を含むなら100万円に設定しても構わないんです
料金をいくらに設定をしようが、当たり前ですがそこは自由です

・公安への届け出
・公的機関が発行する身分証による年齢認証
・有料サイトに必要な特商法に関する記載
といった「義務」を怠らなければ違法とは言えません
法律に「サクラ」を使うなとは無いはずです
しかし、「サクラ行為により利用者を騙し、料金を取っている」のなら詐欺行為とみなされるというわけですね

元々「サクラ」は曖昧な存在で、他の商売では黙認、容認されていた時代もありました
(現代では、どんな業種もサクラなんて使えば信用を失う事態となるでしょう)
古い時代から存在した「サクラ」と、法で定めきれない隙間のような部分を
うまく繋ぎ合わせ、悪どい稼ぎにしたのが出会い系の悪徳業者なんだと思います

出会い系サイトのサクラの存在が時代と共に変化しました
この頃のサクラに思うことに書いているように
「サクラだと知っていてもメールをする」「話の内容が、きちんと噛み合うサクラのメール」
出会い系サイトが出始めた頃は、サクラはサイトの盛り上げ役を果たしていた時もあったのです

そして、男性をターゲットにしたHなメールや画像(動画)を送ることで、興味を引き
メールや画像(動画)の閲覧で、利用者にお金を使わせるといったことが、次第に目的になっていきます
サクラの位置付けに変化が生じたのでしょう
携帯の機能がUPしたり、パケット定額制が出たことも背景にあり、様々な人が気軽にネットにアクセスし始めます

やがて、無料のSNSやブログが大流行となり、芸能(有名)人もそれらを利用していることから
芸能(有名)人に成り済ましたサクラが一挙に増えて行きます
この辺りから、悪質サイトは女性も男性同様の利用料金を取るのが定着してきました

現在ではすっかり、サクラは金儲けの為の手段のひとつでしかなく
長年続く不景気を利用して、サクラからのメールは「お金あげます」系のものばかりです
芸能(有名)人に成り済ましも健在な状態でもあります

私自身としては「お金あげます」系が、一番騙しにくいと思っていたのですが
どうやら騙し易いようで、被害は拡大を続けていますね
確かに、投資系など、お金が儲かる話で、昔から被害者は後を断たず増えていますもの

出会い系サイトのサクラが、昔とは違って
グレーから真っ黒な存在となり
サクラサイト商法とまで呼ばれることになるとは…

ページ上部へ