サイト名の罠

悪質な出会い系サイトの場合サイト名が特徴的で、悪質サイトだとすぐわかるものが沢山あります

  • ・有名サイトに似ているか同じ
  • ・限られたジャンルである
  • ・読み方すらわからない

有名サイトに似ているか同じ
当サイトでご紹介しているハッピーメールやワクワクメール、ラブサーチと同じものがあるのは勿論
その時々に流行っているものと同じか似た名前を付けるのが悪徳業者は大好きです
本家と紛らわしく間違って登録してしまったり、本家に関連したサイトなのだろうと思わせるのが狙いです

LINEが今は一番多いと思います
そのまま「LINE」だったり「LINE MAIL」だったりと様々です
他には、FaceBook、Twitter、mixi、GREE、モバゲー、Ameba…と挙げるとキリがありません
会員登録する際は、本当に本家と同じURLやドメインなのかを確認しましょう
ただ、ドメインすら悪徳業者は利用しますから注意が必要です
詳しくはこちら
ドメインの罠1

利用者を絞っている
わかりやすいのは男性受けしそうな
セフレ、人妻、セレブなどの言葉がサイト名に含まれているタイプ
親しみを感じさせるような、ご近所とか近距離とかも悪質サイトの名前によくあります
更にはもっとニッチに、同性愛者専用で、メンズマッチなんてものまであります

実際世の中よりニッチな層を狙ったサービスが展開され、当たれば大きな市場になっています
しかし出会い系サイトに限って言えば、ニッチなものを作った所で会員が集まりません
良いサービスを提供する為の何かしらのコストが掛かりますから、会員が少なければ運営する意味が運営側にありません
また、少ない会員数だとユーザーも満足出来ず、会員が全く増えないといった状態に陥ります

読み方すらわからない
悪質サイトによくあるのですが、いい加減なサイト名で、どう読むのが正しいのか?といったものがあります
例えば「A」とだけ書いてある
エーなのか、エースなのか、それとも他に読み方があるのかといったような感じです
サイト名は他人に伝える際に、わかりやすくなければならないはずです
ですが金さえ儲かればよい悪徳業者は、そんなこと全く気にしないのだと思います
気にした時は、上記のような有名サイトを真似てみたりするのでしょう

「A」の様にアルファベット一文字のサイト名は、悪質サイトの特徴と言って構わないでしょう

ページ上部へ