【ポンジスキームでMLM】SENERに投資すれば月に20%の配当ヨ

警視庁生活経済課が、米国の投資会社「SENER(セナー)」に投資すれば最大で月に20%の配当が得られると現金を集めていたとして、金融商品取引法違反(無登録営業)で柴田千成容疑者(46)ら8人を逮捕しました

SENERに投資

SENER(セナー)は2007年にアメリカで設立された投資ファンドだと謳い、「世界32か国以上に展開」「三菱東京UFJが取引先である」「元金保証」といった嘘で出資者を安心させたり
※三菱UFJがコメントを出しています

三菱UFJ
・金融犯罪にご注意くださいより
「SENERは、当行をはじめとする三菱UFJフィナンシャル・グループおよび三菱グループに属する会社とは何ら関係ございません」

出資金の9割は仮想通貨ビットコインで、現金と合わせて総額10億円超を集め(実際の被害額は80億円以上)、昨年6月頃から配当を停止し、大半が返済されていません
仮想通貨は金融商品取引法の「有価証券」に該当せず、現行法では原則、規制の対象外になっているため、法の抜け穴の一つと言えるでしょう

出資者を信用させるために、高額出資者だけが参加できるという3泊4日の台湾ツアーでは、日本の芸能人にコンサートまでさせています
他には「セナー、米国投資優秀賞で最高の投資戦略を受賞」といったフェイクニュースを流すなんて辺りは笑ってしまった

SENER(セナー)の仕組み

「元金保証」や「高利回り」「いつでも解約可能」という夢のような謳い文句と共に
単に出資するだけでなく「お友達紹介で更に配当金アップ」出来るネットワークビジネス(マルチ)という側面も持ち合わせています
こちらはSENER(セナー)の月利の一部です

1000ドルパッケージ
1~90日:月利3%
91~180日: 月利6%
180日以降: 月利9%

5000ドルパッケージ
1~90日: 月利4%
91~180日: 月利8%
180日以降: 月利12%

1万ドルパッケージ
1~90日: 月利5%
91~180日: 月利10%
180日以降: 月利15%

5万ドルパッケージ
1~90日: 月利10%
91~180日: 月利15%
180日以降: 20%

これ以外に様々な仕組みがあり、直紹介ボーナスやグループボーナスなど様々なボーナスも設定されていてモチベーションアップを計っています
出資者は会員制交流サイト(SNS)に登録後、出資額を「セナードル」と呼ばれるポイントに交換し、このポイントで配当や紹介料を受け取る仕組みとなっていました

勧誘の手口

出資者は全国各地で開かれていたセミナーに参加して、SENER(セナー)に勧誘されています
SNSで久しい友人からメッセージが来たと思ったら投資話に発展していきセミナーに誘われたり、直接SENERに誘ったりしていたようです

かなり検索してみましたが、SNS以外のネットや情報商材からセミナーやSENER勧誘されたといったものは見受けられなかったです
弁護団も発足して1年余りですが、今一つ詳しい勧誘の手口が出てこないんですよね・・・
う~ん、検索の仕方が悪いのかな

SNSで勧誘されたのは主に学生さんで、一つの大学で100人も被害に遭っています
学生なら知識も薄いだろうと、ネットワークビジネスではよくあることで、勧誘手口のの王道です
ただ老後の資金をつぎ込んでしまったというお年寄りもニュースのインタビューで答えていたので、その方はどういうルートからだったんだろうかと思います

誤魔化しも限界に
SENERは昨年から既に詐欺ではないのか?とか取り沙汰されるようになり、被害者の会や弁護団が発足しています
しかしそういった雲行きが明らかにおかしくなっても、アップ(紹介者)が安心させようと奮闘するんです

アップ(紹介者)のリーダーが情報共有としてLINEを送ります
でもその内容は、飽くまでも事業や投資などは自己責任でやるべきだと責任逃れに終始する呆れた内容
仮にSENERと争うにしても、イスラム国やマフィアの様な良からぬ組織が関わっているとしたら、かなり危険だと恫喝
中には「SENERは詐欺だとか、配当金が出ないとか、ネットの噂に不安になっていませんか?」なんてブログで発信しているものさえありました

配当金を出せないような噂には、配当金の支払いが遅れる理由を「内部財務監査が入った」なんて適当なことを言ってはぐらかし、先延ばしにしてみたり
あの手この手で誤魔化していたようですが、さすがに限界がありますよね
ことお金が絡むと、尚更シビアになりますし

Eagle Gates Groupと同じ
SENERはEagle Gates Group(イーグルゲイツグループ)というタイで1000人以上が被害に遭い、58億円ほどの被害額を出したものと中身は全く同じです
タイでEagle Gates Groupが崩壊した後直ぐに、「SENER」としてポンジスキームを再起動
Eagle Gates Groupで活動していた人とSENERで動していた人に、今のところ繋がりは無さそうです

・ポンジスキームとは
ポンジスキームとは詐欺の一種で、出資してもらった資金を運用しているように見せかけ、実際は後から参加させるユーザか集めたお金を配当と偽って渡すことでユーザーに利益が出ているかのように装うもの
ですから「利益が出ているかのように装う」ことが出来なくなると破綻します
出資金詐欺ではよくある手口でもあります

JOKERという集団

SENERについてネット検索すると出てくるのが「JOKER」と呼ばれる集団です
JOKER自体については、こちらのブログに詳しく掲載してあります
Anti-Scam-Blog
・湯田陽太氏らによる投資詐欺勧誘グループ「JOKER(ジョーカー)」について(D9、SENER、ビットシャワー)

ビットシャワーが飛んだ後は、懲りずに「Financial.org(通称FO)」を、次に「ライズトークン」を広めていた模様
Financial.org(通称FO)は「ファイナンシャル教育プラットフォームなんだ!」とか言いながら、高報酬のやっぱMLM、そんな感じwww
「ポンジスキームでMLM」が一番自分らの懐が潤うのでしょうねwww

こちらも読んでいて面白かったです
投資案件検証委員会
・Financial.org(通称FO)の検証、レビュー:湯田陽太氏率いるJokerが広める怪しい投資案件

湯田陽太氏とセミナー

JOKERについて知ろうとすると出てくるのが「湯田陽太」という人物
信奉者は多く、正に日本のネットワークビジネスの頂点に立つ人物であり、カリスマ的な存在とされています

外資系MLM(マルチレベルマーケティング)で最年少タイトルフォルダーとなり、2009年にはMLMを引退し、2012年には株式会社Labeme(ラベメ)を設立しました
(最年少タイトルフォルダーになった外資系MLMって、アムウェイかニューウエイズでしょう)
株式会社Labeme(ラベメ)では、コンサルティング事業・営業代行・デザイン事業・飲食店事業・アパレル事業という内容

年間800回もセミナー講演を行うという恐ろしいバイタリティーの持ち主で、湯田氏のセミナーに参加すると、彼ののトーク力にすっかり魅了されてしまうそうです
湯田氏のトークに魅了され、冷静な判断力を失い、結果、箸にも棒にも掛からぬようなビジネスに手を出してしまうのではと思います

セミナーの参加費も500円~という敷居が低い入り口を設けています
あくまでも「から」なので、やがてもっと高額なセミナーを受講したくなるのでしょう

実際に、セミナーに参加した記者の方の話を読んだことがあり、その感想をこちらに書いています
記者の方の記事のリンクもあります
・仮想通貨に関するトラブルと対処法

参加しなくても私は十分想像出来てしまいます
会場の熱気、講師の話を一言一句聞き逃すまいと集中し、ノートにはびっしりとメモを取る
セミナー(塾とよばれる場合もあります)が終わった頃には、気分はもう億万長者か、自分もカリスマになったかのようでしょう

細かいこと言うとね、デキル人ってノートの取り方ひとつとっても、無駄なく実に簡潔だったりするものなのよ
ノートの取り方から教わったほうがいいかもなんて感じww
前にも書きましたが、セミナーの講師で特にカリスマと呼ばれるような人は新興宗教の教祖のようです
正に絶対的な存在であり、悪く言うような人はいません

湯田陽太氏が今回逮捕者を出したSENERと、どう関りがあったのか無かったのかまだ現時点ではわかりません
ただ、「JOKER」を率いているのは湯田氏だと言われてはいます

年間800回のセミナー講演が本当なら、SENERのセミナーには顔を出したかもしれない
湯田氏はネットワークビジネスだけで年間億は稼いでいるそうですから、余計なことをしなくてもお金はジャンジャン入ってきます

MLMで稼ぐ

MLM(マルチレベルマーケティング)とは
「MLM」という名前は、あくまで俗称で、法的には「連鎖販売取引」と呼ばれています
俗称では、「MLM(マルチレベルマーケティング)」の他にも、「マルチ商法」や「ネットワークビジネス」とも呼ばれています

「マルチ商法」も「ネットワークビジネス」も、その言葉を見ただけで、聞いただけで、ウンザリする人が多いから、違う呼び方しているだけ
ちなみに、「ネズミ講」は法的に「無限連鎖講」と呼ばれ、「無限連鎖防止法」によって完全に禁止されています

ネットワークビジネスで稼ぎたいとか、副業にしたいとか考えているなら絶対にやめたほうがいいです、稼げません、現実を見ようよ
ネットワークビジネスで稼ぐなら、まず人がしていない何かでビジネスを考えだし、自分がピラミッドの頂点でなければ意味がありません

そしていくら自分がピラミッドの頂点でいても、自分の下、その下の人達が頑張らなければ収益は上がりません
良いアップを得るための人脈も必要でしょうし、良いダウンを得るなら人材育成も必要でしょう

例えば、ネットワークビジネスで月に100万円稼いでいる人は、そこに至るまでにそれなりの努力をしています
そういった意味では湯田氏が、某MLMで最年少タイトルフォルダーになったのは素直にスゴイとは思います

ウマイ話は無い

もう何度書いたかわからないです「ウマイ話は無い」と・・・ウマイ話には必ず裏があります
SENERがこれだけの高報酬/高配当を謳うのは、単にMLMでダウンを増やしたいのではなく、ハナからポンジスキームでいくつもりがあるからでしょう
ネットワークビジネスで稼ぐこと自体難しいのに、更に投資詐欺なのですから目も当てられません

ニュースを見ていて感じたのは、SENERの詐欺手口自体は昔からあるものと何ら変わりはないのですが、今の時代に合わせてあること
投資には仮想通貨を使わせるって、騙す側からすればとても便利ですよね

そして信じてしまった理由のひとつに「元金保証」であったことです
今時銀行でさえ元金保証は1000万円までのご時世
被害者も、何故騙されてしまったのか、その理由を本当に理解しなければまた詐欺に遭います

MLMや投資話に乗ってくる時点で「カモ」なんだし、そんな相手だったら仮想通貨出してくればとても良い目くらましになります
きっと仮想通貨に関しては知識が無いに等しいと推測出来ますから
知識が無い事柄に関して、人はつい、知識がある人の話を聞いてしまい信じてしまいます

そうなるとMLMや投資話に若干ながらでも?マーク、疑いを感じていても仮想通貨に関して淀みなく説明されたら完全に信じてしまいかねません
だから詐欺師は話が上手いのですけどね

「ウマイ話は無い」と思いつつ、それでも最近気になる話を聞いて乗り気になっているなら、もう一度考え直してください
全財産を失ってもいいなら止めません
全財産だなんて大袈裟だと思うなら危機意識が足りないでしょう

ウマイ話の魅力ってのは本当に凄くて、家族や長年の親友の「やめとけ!」が耳に入らなくなります
もし周囲に騙されそうな人がいたら、公的機関や詐欺に詳しい弁護士でもいいので、そちらへの相談をオススメします
赤の他人の話なら目が覚めるのはよくあることです

ページ上部・目次へ